育児日記・雑記・感想文などなど
RECOMMEND
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| - | | - | - | このページのトップへ
Gガール
Gガール 破壊的な彼女 (出演 ユマ・サーマン)

takizaki的評価:★★★★☆

公開時から、ひそかに気になってました。
ユマ・サーマンてコメディもいけるんですねぇ(キル・ビルでもちらっと思ったけど)。
ストーリー的には、ちょっと単純で最後うまくまとめすぎかなぁというところも
ありましたが、久々に普通に笑える映画でした。

にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 17:09 | comments(0) | - | このページのトップへ
ドリーム・ガールズ
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション

takizaki的評価:★★★★☆

歌うのは、ステージ上だけだろうと思っていたら、ストーリーの途中でも歌ってました
(ミュージカルと言うには、歌数が少ない印象でした)。
ジェニファー・ハドソンが出てたアメリカン・アイドルは見てなかったですが、やっぱり
歌唱力ありますね〜。
ビヨンセもジェイミー・フォックスも、もっと歌うかと期待したけど、それほどたくさんは
歌ってなかったなぁ。
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 12:20 | comments(2) | - | このページのトップへ
スネーク・フライト
スネーク・フライト

takizaki的評価:★★★☆☆

検察側の証人とFBI捜査官(サミュエル・L.ジャクソン)を乗せた飛行機に大量の毒蛇が。
飛行機という上空の密室で、毒蛇と人間の攻防が始まる…!

…と書くとスゴイ感じがしますが、主人公たち以外の乗客に同情また同情でした。
CGは凄かったですが、ストーリー的にはB級かなぁ。

B級、好きなんですけどね。
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 18:36 | comments(0) | - | このページのトップへ
セレンディピティ
セレンディピティ~恋人たちのニューヨーク~

takizaki的評価:★★☆☆☆

ケイト・ベッキンセールがひたすら可愛かったな〜。
甘めのロマコメを見るには自分が現実的すぎるのか、それってどうよ〜と
思えてしまうところがチラホラありました。
恋は盲目なんですかねぇ。
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 23:26 | comments(0) | - | このページのトップへ
シリアナ
シリアナ 特別版
シリアナ

takizaki 的評価:★★★☆☆

中東を舞台にした現実味溢れるお話。
アラブの王族・アメリカ企業・CIA・テロリスト…それぞれの思惑が連鎖反応し、
悲劇を起こします。
一番の被害者は、アラブ某国の民衆だと思いました。
アメリカは基本的に嫌いな国ではないけど、政策や大企業の利益追求のやり方に
改めて疑問を覚えました…。自分たちさえ良ければそれでいいのか〜?!

物語の後半になって、相方に「あの人ジョージ・クルーニに似てるネ」と言ったら
「本人だよ!」と突っ込まれました(-_-メ)

これ見てて、気づいたらアメリカン・アイドル見損ねたのが一番ショックだったかも(^^;
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 20:21 | comments(2) | - | このページのトップへ
トゥモロー・ワールド
トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション

takizaki的評価 ★★★★☆

2027年、戦争の影響で人類に子供が生まれなくなってしまった近未来。
イギリスは鎖国を続け、唯一文化・生活を維持する一方、不法入国者の取締を強化、
人類の終焉に向けて、ある意味無機質な日々が過ぎています。
活動家だった主人公セスは、かつての仲間ジュリアンから、ある少女を入国させて
ほしいと頼まれます。その少女は、大きな秘密を抱えていたのです。

いろんな状況での、愛の形が見えてきます。
そんな中で、セスのよき理解者である元写真家ジャスパーの人柄と愛の形が
takizaki的ツボでした。

舞台がイギリスという点が、物語に説得力を与えていたと思います。
これがアメリカだったら、とっても胡散臭く見えてしまったろうなぁ…。
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 17:24 | comments(0) | - | このページのトップへ
METAL A HEADBANGER'S JOURNEY
メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー
メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー

昨年、巷で話題になった(?)映画です。takizaki も観に行きました。
カナダの人類学者でメタルヘッドのサム・ダンが、メタルを文化として捕らえ、
真面目に分析した文献を作成しようとしたのがキッカケで制作された映画です。
いちメタルファンとしては、素直に楽しめる映画です。

この映画のテーマのひとつとして、メタルと宗教というのがありますが、
キリスト教が人々の生活に根ざしている地域の人でないとピンとこない点も
あったりします(思想は理解できるけど、リアルに響いてこない)。
サム・ダン本人からしてキリスト教を切り離して考えることができない印象を
受けました。メタルを文化として分析しようとする人の文化背景も垣間見れて
面白かったです。

何よりの収穫は、自分がメタル好きでよかったなぁ…と素直に嬉しく思えたことでした。

それにつけても、あれだけロブのインタビュー入れてるんだから、1曲くらい
入れてくれてもよかったんじゃないの〜?
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 12:54 | comments(3) | trackbacks(0) | このページのトップへ
リベリオン
リベリオン -反逆者-
リベリオン -反逆者-

第3次世界大戦後の世界、人々は感情を抑制する薬を定期的に摂取することで、
無気力ながら平和な生活を送っています。また、政府は感情を喚起するものは
何でも排除してゆきます。それがたとえ、歴史ある芸術作品であっても、
ちょっとした嗜好品であっても。
が、どこの世界にもレジスタンスはいるもので、感動に満ち溢れた世界を
取り戻すため活動しています。

主人公プレストン(クリスチャン・ベール)は、芸術品およびレジスタンス排除
などを行う警察(のような組織)で、特殊技能を修得した「クラリック」として、
日々任務に明け暮れるのですが、ある日同僚の死によって、レジスタンスと
接触を持つようになり…と、あとは想像に難くない展開で進んでゆきますが、
何よりスゴイのはアクションです。銃を使った格闘技「ガン・カタ」がものすごく
かっこいいです。

薬によって感情を抑えられている割に、敵となる仲間の方が情緒豊かに見えて
しまったりする点や、ストーリーに「?」と思える点は少なくないですが、
自分の頭の中で物語を補足してしまえば、なんということありません(笑)。
ちょっとB級っぽいですが、こういうベタベタな世界観のお話や、アクションが
好きという方にはお薦めです。

昨日同じ監督が制作した「ウルトラヴァイオレット」を観ました。
予算・アクションともに「リベリオン」よりもグレードアップした、と監督が
何かのインタビューで語ってた気がするんですが、「リベリオン」の方が
確実にいいじゃないか…と思ったので紹介してみました☆
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
ザ・ロイヤルテネンバウムズ
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
ジーン・ハックマン

2001年公開の、ヒューマン・コメディ。
コメディといっても常に笑いをとりにいくタイプのものではなくて、
ジンワリと面白いお話です。
みんな一風変わっていて病んでいて、だけど自分なりの方法でそこから
脱出していく姿が描かれています。

オーウェン・ウィルソンは脚本も共同執筆なんですね〜。
ていうか、俳優だけじゃなく脚本家としても活動してるんですね〜。
多彩なお人…。

今回の日記が、今年の書き納めとなりそうです。
2007年もよろしくお願いしまーす☆

それでは、よいお年を!
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 11:23 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スーパーマン リターンズ
スーパーマン リターンズ
スーパーマン リターンズ
ブランドン・ラウス

ご存知スーパーマンでございます。
CGも凄かったですが、何より凄かったのは、CGと見まごうばかりのブランドン(笑)。
何度も、「なんでこのシーンは主人公もCGなの?」と勘違いしてました。
(均整のとれた顔立ちにほどよく肉が付いてるからでしょうか?)
レックス・ルーサー役のケビン・スペイシーも、最初は「ミスキャストでは?」と
ハラハラしましたが、案外キモくてよかったです。

上記とは関係ないお話ですが、takizaki のホームページsmilebombに、
来年1月のPC用壁紙カレンダーをアップしました(ダウンロードフリー)。

1024*768のGIF画像です。ご愛用いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログへ ←参加中です。おひとつポチッとお願いします。
| movie | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ